会社情報グループサイト

映画「解夏」
オリジナル・サウンドトラック
渡辺俊幸 feels さだまさし

発売日:2004/1/21
品番:FRCA-1096
価格:¥2,365(税込)

●BOX仕様
●オールカラーブックレットつき
 ・渡辺俊幸氏インタビュー「解夏」によせて
 ・「summer's release 〜piano〜」楽譜
 ・映画の場面 photo


[CDをインターネットで購入]


 
映像音楽界の第一人者、渡辺俊幸が描き上げる、どこまでも深い"音楽詩"の数々。
せつないストリングスや輝かしいピアノが表情豊かに織り成す、美しいメロディ。
そして映画の主題をせつせつと代弁するフレーズの数々が心に染みわたる、さだまさし渾身の名バラード「たいせつなひと」。
「解夏」の物語に寄り添う25曲が、それぞれに愛と悲しみを紡ぎ、主人公・隆之と陽子の想いを、どこまでもせつなく美しく追想します。


1
  「解夏」 〜オープニング〜
2
 暗く深い淵に
3  夢の子供達は…
4  閃光
5  予兆
6
 インフォームド・コンセント
7
 街角のイルミネーション
8
 MILK WHITE 〜「解夏」愛のテーマ〜
9  独り…並木道にて
10  断章 〜見えざるもの〜
11
 切れた凧
12  再会
13  港はるかに
14  でんでらりゅうの詩
15  巡りくる深き淵へ…
16  海にいだかれて
17  二人
18  陽子の祈り 〜孤高の祈り〜
19  焦燥
20  雨にうたれて 〜雨の情景〜
21  「解夏」 〜すれ違い〜
22  「解夏」 〜絵画館にて〜
23  summer's release 〜「解夏」メインテーマ〜
24  たいせつなひと (シネマ・ヴァージョン)
25  summer's release 〜piano〜
渡辺俊幸 feels さだまさし
 スペシャルドラマ「海峡」
 オリジナルサウンドトラック

渡辺俊幸
 渡辺俊幸35周年記念コンサート
 〜グローリー〜
 渡辺俊幸ベスト
 〜メロディーズ〜

サウンドトラック
 ぼくとママの黄色い自転車
 オリジナル・サウンドトラック


渡辺俊幸
Toshiyuki Watanabe
作曲家。1955年月3日、名古屋生まれ。
青山学院大学入学と同時にフォークグループ「赤い鳥」のドラマーとしてプロ活動に入る。
「グレープ」のサポートミュージシャンを経て、さだまさしの音楽プロデューサーおよびアレンジャーとして活躍。
79年渡米後、バークリー音楽院にてクラシックおよびジャズのコンテンポラリーな作編曲技法を、ボストンコンサートバトリーにて指揮法を学ぶ。また、ジョニー・マンデルのオーケストレーターとしても著名なアルバート・ハリス氏に師事し、ハリウッドスタイルのオーケストレーションと、映画のための作曲技法を学ぶ。
帰国後、作曲家として数々の映画、テレビドラマ、アニメーション等の音楽を担当。

<近年の代表作>
NHK大河ドラマ「利家とまつ」「毛利元成」
NHKドラマ「大地の子」
フジテレビ系ドラマ「忠臣蔵」
東宝映画「モスラ」「サトラレ」
NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」
NHKスペシャルドラマ「海峡」

「リング〜最終章〜」では、第20回ザ・テレビジョン・ドラマアカデミー章、劇中音楽章を受賞。



Official Site

http://www.toshiyuki-watanabe.com/
(C) Copyright 2007 U-CAN All Rights Reseaved.